前へ
次へ

不動産登記の未登記に関して

未登記は主として不動産登記されていない建物を意味していることがよくあります。
登録済の建物を既登記建物と言って、登記されていない建物を未登記建物と呼びます。
建物そのものが建築されたケースでひとりでに不動産登記が実施されるということはありません。
オーナーが登記を実施しない限り、建築された建物については未登記建物ということになります。
基本として登記を実施する必要がありますが、現実には未登記の不動産があります。
ローンなどで不動産を買い求める場合、抵当権設定が求められるため登記が必要不可欠となります。
近年ではローンなどで購入をされる人が増えていることから登記されていることがごく普通ですが、以前は、自らの貯蓄などで確保することが普通でした。
現金購入だと登記を実施していなくても何ひとつ問題がないということから登記を行なわないままの不動産がたくさん見受けられます。
登記はお金が必要なため、登記に関するコストを抑える目的で登記を行わないという事例も少なくありません。

Page Top