前へ
次へ

不動産登記の中では相続登記が比較的簡単です

不動産登記の中でも遺産相続による相続登記などは自分でやる人達もいます。
その理由は自分で相続登記をやれば費用が安く抑えられるためです。
不動産登記の中でも遺産相続による相続登記は比較的事務的に簡単なものです。
それでも自分一人でやるとなると結構大変です。
今の時代の主流はやはり法律の専門家にお願いするケースが多いです。
例えば弁護士とか司法書士に相続登記を代行してもらうわけです。
そうすれば自分はもはや頭が痛くなることはありません。
ですが人に仕事を任せるということは、その代金を支払わなければなりません。
頭が痛いことがあるとすれば、弁護士や司法書士に対する成功報酬を支払わなければならないということです。
自分で相続登記をやる場合には注意すべきポイントもありますから、まずそのポイントを調べてから法務局にお出かけするのが良いことです。
相続登記のポイントは、いつ、誰が、何を、どれだけ相続するかという数量的な問題です。
それらの数量的なポイントを押さえておかないと相続登記の申請をした後に失敗するケースが多いのです。
相続登記はたとえ身内の人達とでも共有を避けるべきであるという法律的な手続きです。
ですから時には家庭内の人間関係が悪くなる場合もありますので、この点には十分注意が必要です。

女性コーディネーターが東京のお住まいのリノベーション
主婦の皆様のご要望を叶えるお部屋を実現いたします

買い手を探す手間を省いて売却しませんか?
不動産買取に強い大阪のランドメイドにご相談ください

もしも相続登記の申請を共有でやるということにしていれば、年月が経つごとに不動産の共有者がどんどん増えていくことが予想されます。
そうなればもういけません。
遺産相続どころの話ではなくて、勝手に不動産を売却する事さえ出来なくなるなるのです。
そういう事態に陥らないためには相続登記をするときに、いつ、誰が、何を、どれだけ、相続するかということを明確に文章で書いておくことです。
そうすれば間違いのないところです。
法務局で相続登記を申請するためには数日の日数を要しますが、平日に時間を確保しておかなければなりません。
これは相続の仕方によっても違いますが、色々な役所書類を集めるのが結構大変な作業です。
そして必要な役所書類を入手できるのは平日だけです。
こういう意味で平日に休みが取れない人たちでは、相続登記を申請するのは極めて困難となります。

Page Top