前へ
次へ

不動産登記の名義変更の必要性

相続人に向けての不動産登記の名義変更を行わないと相続した不動産を譲渡することはできません。
名義変更は義務や期限もありません。
しかし、売却が考慮されているのであれば完了させることが求められます。
もうすでに死去している被相続人名義より買主名義へダイレクトに変更が出来れば1回で済みますが、相続人に向けての不動産登記の名義変更をしないまま買主の名義へとダイレクトに変更することは、現実上の権利変動のプロセスを登記へと映しだしていない中間省略登記という形で認められないためです。
したがって、相続が行われた不動産を譲渡する場合基本として相続人に向けての名義変更が完了してからということになります。
要するに、買い手が決まったというようなケースなど、急いで名義変更をしなければいけなくなることも見込まれるため、名義変更にどの程度の期間がかかるのか把握していた方がいいでしょう。
さらに、長期間名義変更されていない不動産だと、警戒されて買い手が見つからない事もあるかもしれません。

Page Top