前へ
次へ

不動産登記をしない場合のデメリット

不動産登記を行わないと、誰が該当の土地に向けての権利の持ち主であるかをリサーチするのに、当然多くの手間が掛かってしまいます。
とくに、遺産相続についての権利関係はかなり複雑となる可能性が高いため、不動産登記システムを使用しないと、誰が相続したのかが解明することができず、混乱がもたらされます。
誰が権利があるのかと同時に、どういった範囲の不動産に権利があるのかも大事になってきます。
不動産登記の登記簿においては、登記済みの土地の種類なども記載されています。
権利対象である土地の範囲が明らかにされています。
表示登記を行っていないと、土地をどのように使えばよいのか、境界がどこかもあいまいとなり、トラブルの元凶となります。
売却処分したい際にも、権利登記をしておく必要があります。
登記しないと正式な所有者の証明をすることが困難になってしまうので、取引を無事に実施できず、買い手がつかなくなっていくというわけです。

Page Top